慢性副鼻腔炎の外来手術

術前

 鼻腔内をポリープが充満  

術直後

ポリープ除去、鼻腔が開通したところ

鼻内ポリープを除去し、さらに発生母地である篩骨蜂巣を開放、腔内の病的粘膜も除去したところ。

ほとんど出血はみられない。

1ヶ月後 開放部の粘膜表面が回復(上皮化)。自浄機能が回復して、痂皮がほとんど付着しない。

ホームへ

手術の詳細