アルゴンプラズマ治療は・・・

原則として、治療経過(=通院)の中で、是非を検討すべき治療です。

術前に数日間、内服薬等にて、アレルギー症状を落ち着かせてから施術します。

希望される方は、まずは一度受診をして下さい。

 状態確認の上で予定を組みます。

必要な薬剤もこのとき処方します。

 

こんな方は・・・

 当院でアレルギー性鼻炎」と診断を受け、通院していたことがある方。

 ・・・特に重症(中には焼灼治療を勧められた方もあるかも)で、投薬量・通院期間を多く要した方。

 スギ花粉症の場合は、9〜11月までの間に焼灼を済ませておけばまず大丈夫です。カルテで診療内容や経過を参考に是非を検討します。

2
いずれかの耳鼻科医にアレルギー性鼻炎と診断され、治療を受けていたことのある方 「鼻茸」・「慢性副鼻腔炎」など、他疾患の指摘をされていない場合、希望に応じて施行いたします。

3
耳鼻科医の診断を受けたことのない方 非発症期(季節外)に、「アレルギー性鼻炎」と診断するのは難しいことが少なくありません。まずは受診の上、ケースバイケースといたします。

薬でもそれなりに楽にはなるが、服用を止めたい・減らしたいという方

 ・・・「妊娠を予定したい」「妊娠中に花粉飛散期になる」「他に多くの服用薬があって、これ以上増やしたくない」「服用を要す期間が長い」

希望者には、なるべく積極的に行いたいところです。まずは受診の上。

5
予約無しの焼灼治療は、原則として応じかねますが・・・

「オフシーズン」に限り、平日(月・火・水/金)の日中でしたら、ある程度は柔軟に対応できると思います。なるべく早い時間帯=午前なら10時まで、午後なら3時半までに来院してください。

 予定が空いていれば行います。

 事前に数日間の投薬がない場合、「少々痛いかも」知れません。(感度は体質による粘膜の違いのせいか(??)個人差が大きい)

当院にて実際に各種投薬などの治療を行った上で、今現在やはり重症で投薬効果が不十分と言わざるを得ないケース もっとも焼灼術に適当であるといえます。焼灼の効果が大いに期待されます。

治療は、オフシーズン=初夏から秋に行います。

原則として手術可能日時は、平日です。

午前:8:30〜10:00、午後:14:30〜16:00 の時間帯に行います。

夕方4時半以降土曜は混雑しやすく、

他の受診の方々の待ち時間にも大きく影響してしまうため

行っておりません。

年末年始や2〜4月の期間は非常に混雑するため、

原則として、予定を組むことができません。

症状の強いこの時期では、 元より焼灼に好ましくもありません。

風邪など、感染症状・体調不良を来している状態では行いません。

ホームへ