(無題) 投稿者:Sytry  

投稿日: 4月28日(月)23時07分18秒

こんばんわ。かなり悩んでいるのですが、
鼻の穴が左右で全然違い、凄く気にしていて耳鼻科にいったところ、
鼻柱隔湾曲と言われたのですが、まだ高校生なので手術はできないといわれました。
鼻のとおりも悪く、ストレスも溜まるしなんといっても外見がいやです。
なんとかならないんですか?どうかお答えください

Sytryさんへのお答えですが、ちょっと誤解・混同されている点があるかと思います。「鼻中隔彎曲症」は、鼻の真ん中の隔壁(軟骨)が右や左に歪んでいるために、鼻づまりが続くという病態です。外見には直接関係ありません。これは、「鼻中隔矯正術」で鼻呼吸を改善することができます。

 一方外見が曲がって見えるのは、「斜鼻」などといって、顔面骨の一部でもある鼻のフレームの骨の形の問題です。もちろん斜鼻には鼻中隔彎曲が伴いやすいわけですが、治療としては分けて考えられるべきところでしょう。
 つまり、前者は鼻呼吸の改善、という医学的理由から、「病気の治療」という扱いです。ですから保険も適用される治療です。
 ですが、後者は「見た目」の問題ですので、「美容整形手術」になり、通常は形成外科が扱う範疇になります。
 鼻の「内部」と「外枠」という異なった部位の扱いになります。

「息苦しさ」の改善には、前者の治療を耳鼻科で受けることになりますが、一般的に入院の上での手術になります。そのような病院/医療機関でのご相談をおすすめします。

 なお、手術は、骨の成長(=身長の伸び)が止まってから行うのがセオリーです。あと数年もすれば可能な時期ではないかと思います。
 骨の成長期に手術侵襲が加わると、その部分の骨だけが成長を止め、一方周囲の骨が後々成長するため、新たな「ゆがみ」を生じることになるからです。

 ちなみに、鼻中隔矯正と外鼻形成は、手術方法にもよりますが、同時に行うと術後に鼻が凹んでしまう恐れがあります。

 鼻閉が苦痛と、見た目の苦痛と、ごっちゃになっているようですが・・・