質問させて下さい。 

投稿者:ひろき  

投稿日: 6月23日(月)00時01分52秒

自分は、2年ぐらい前から呼吸する時に右の穴は順調に通りがいいんですが、左の穴が相当詰まりぎみで呼吸もほぼ出来ず開業医2件とも鼻中隔(鼻の軟骨)が左に曲がっている鼻中隔湾曲症と診断。で、総合病院に行って レントゲン等を撮って、鼻中隔湾曲症と診断されました。
8日ぐらい入院して、今月13日(金)昼ごろに全身麻酔で鼻中隔矯正術と下鼻甲介切除術の手術を受けました。19日に退院したんですが、
3日ぐらいたって右は相変わらず通りは良いんですが左がどうしても詰まりぎみです。
かさぶた等でやはり1ヶ月位経たないと通りは落ち着いて来ないんでしょうか?。
 曲がってる所の軟骨を取って鼻中隔をまっすぐにし、左右の下鼻甲介を半分位取った
と言う事は原理的に1ヶ月位経てばかさぶたも落ち着き、多少なりとも前よりは左は呼吸しやすくなりますか?。またこれであまり改善しない場合左の通りを良くする方法ってのは他にありますか?。
鼻中隔矯正術と下甲介切除術を施行されたということですよね。通常の場合でしたらそれで鼻呼吸は改善されてくるものですが、術後しばらくカサブタが付着することはままありますから、まずは一ヶ月くらいは経過を待ってみてください。
 その上で、さらに必要な加療措置があるかどうか、ということは見ていない立場ということもあり、申しかねます。

(無題) 投稿者:ひろき  

投稿日: 6月25日(水)21時17分59秒

お返事ありがとうございます。執刀医以外の耳鼻科の先生の見解、意見も知りたかったので
質問させてもらいました。やはり、1ヶ月位経過を待ってみて、加療措置は
執刀医の先生に相談してみます。
また質問した時は、鼻の質問になると思うんだけど、
回答してもらうと心強いんでその時はよろしくお願いします。